肌荒れ

あごニキビができる仕組み

あごに出来るニキビは痛みがるという方が多いニキビです。
思春期時代に出来るよりも、大人になってから出来るという人が多いというのも特徴です。
あごに出来ると目立ちますし、繰り返し出来ることが多いので、厄介といわれることも多いです。

なぜ、あごニキビができるのかというと、ストレスの関連性が高いといわれています。
現代社会は複雑化し、会社、家庭、友人関係などから受ける色々なストレスがあります。
ストレスは自律神経のバランスを崩します。
自律神経はホルモンバランスに大きく関係し、ストレスを受けるとホルモンのバランスも崩れてしまうので、そこからあごニキビができやすくなるという事が言われています。
生理前になると必ずあごに出来るという人もいますが、これも、女性ホルモンのバランスが生理によって大きく乱れるせいでしょう。

また、あごニキビは女性に多いという特徴もありますが、これは、毎日メイクを行うため、メイク汚れが詰まりやすくそのことであごニキビになるという原因もあります。
男性の場合、男性ホルモンが深くかかわるヒゲが成長する部分があごなので、ホルモンバランスが乱れるとあごニキビができやすくなりますし、ヒゲが生える部分だからこそ、雑菌が付いてひどい炎症を起こしやすい場所といえます。


このページの先頭へ