肌荒れ

ニキビ跡に関して

ニキビが炎症して膿を持ち、黄色ニキビといわれる状態まで進んでしまった場合、ニキビ跡として残ってしまう可能性も高くなります。
ニキビ跡は色素沈着するもの、黒ずんでしまうもの、シミのように残ってしまうもの、またクレーター上に肌がへこんだ状態になってしまうものなどいろいろです。

このうち、ひどくないようなものなら、専用のケア商品等を利用することによってかなり改善できます。
ただ、ひどくないニキビ跡でも、跡を消すためにはかなり時間がかかる、継続的にケアを行っていくことが必要、という事は理解しておきましょう。

ニキビ跡というのはニキビが肌の奥に広がり、肌に傷がついているのと同じです。
つまり、怪我をした後の傷跡を治すという事と同じようなものなのです。
かなりひどい場合は、エステや美容外科などでレーザーなどの治療を行うなど、専門家の治療が必要な場合が多くなります。
自宅でケアを行いながら、ひどい場合には皮膚の専門家の治療を受けることも並行して行っていく方がいいでしょう。

ニキビ跡を消すためには時間も労力もかかります。
そのため、ニキビが出来たら初期段階でしっかり治すという事が最も大切なこととなります。
たかができものと侮らず、一番初期の段階で改善するために努力してください。


このページの先頭へ