肌荒れ

ニキビの遺伝に関して

まずニキビになりやすい体質を考えてみましょう。
肌の代謝機能が弱い、もともと肌が弱いという方はニキビなどトラブルを起こしやすい肌です。
また食べ物などによって皮脂分泌が過剰になっていることも原因の一つですし、乾燥も原因となります。
体質的に皮脂分泌が過剰な方もいて、この場合、ニキビができやすく、大人になってからも悩まされる方が多いです。

肌質というのは、確かに遺伝があります。
お母さんが若いころから乾燥肌という方は娘さんも尾内滋養に乾燥肌になる事がありますし、お父さんが皮脂分泌の盛んな肌質を持っていて、そのお子さんもオイリー肌という場合があります。
という事は、肌質が遺伝するということです。
きめ細かい肌質や色白などなどは遺伝によるものでしょう。

肌質が遺伝するため、ニキビができやすい環境の肌を持っているという事で、ニキビができやすいという体質そのものが遺伝するという事ではないのです。
同じような質の肌を持っていても、ケアを怠らず予防していくことで、ニキビができにくくなります。
もしニキビに遺伝があるのなら、どんなにケアをしていても、結果的に出てきてしまう事になります。
ニキビが遺伝するという事ではなく、肌質が遺伝するために、ニキビが同じようにできやすい、という事ですね。


このページの先頭へ