肌荒れ

乾燥肌とオイリー肌、ニキビの発生環境

若い時にはオイリー肌という方が多いです。
特に思春期はホルモンバランスが乱れる時期ですから、皮脂分泌も過剰になっていることが多く、オイリー肌が多くなります。
年齢を重ねるごとにだんだんと肌の水分量をつかさどるコラーゲンやヒアルロン酸の量が減少していくため、水分が失われ、乾燥肌が多くなっていきます。

乾燥肌もオイリー肌も、ニキビができやすい状態の肌、という事になりますが、どちらの肌がニキビのできやすい肌なのか?というと、答えは「乾燥肌」です。
ニキビの原因は皮脂の多さなので、通常オイリー肌の方がニキビになりやすいと考えますが、本当は乾燥肌の方がニキビの原因が多くなるのです。

皮脂は肌を刺激や細菌類から守るために存在しています。
オイリー肌の方は皮脂分泌が過剰になっている原因を改善することでニキビを作りにくくできます。
例えば脂っこい食事を控えたり、皮脂をきれいに洗い流す洗顔をしっかり行うなどです。
でも乾燥肌の場合こうはいきません。

乾燥肌が継続すると、皮脂は肌を守ろうとして過剰に皮脂分泌を行います。
乾燥しているのに皮脂分泌が過剰になっているという事です。
皮脂が肌に残り毛穴に詰まって角栓となれば、アクネ菌の温床となる可能性が高くなります。
この場合、肌の水分量をしっかり体の内部からアップさせ、外部からも水分をしっかり補給し、乾燥肌を改善し、ニキビケアが必要となるのです。
オイリー肌よりも予防、ケアについて非常に時間がかかるのが乾燥肌です。


このページの先頭へ