肌荒れ

ニキビが顔以外にできる仕組み

顔は毎日鏡で見るところなので、変化があればすぐに気が付きます。
ニキビができているとすぐわかりますが、ニキビというのは、体のあちこちにできるので厄介です。
毛穴が存在している部分であれば、どこでもできる要素を持っています。
顔、首、背中、お尻、それに太ももや二の腕ニキビに悩む方の少なくないのです。

背中ニキビなどは女性でもできている方が多く、ドレスなどを着る、また露出する事が多くなる季節になって気がつくという事も多いのです。
髪の毛が長い人は髪の毛の刺激や髪の毛についた雑菌類が原因となる事があります。

胸の谷間部分などにもニキビができるという人は多いです。
首や胸元にニキビがあるのは、とても嫌なことです。
胸に出来る場合、原因の多くがボディシャンプーなどの洗い残しや、香水など刺激が強いものをつけすぎた、またボディ用ファンデーションの汚れが落ちていないなど考えられます。

お尻のニキビも、夏、水着になって初めて気がついたという方が多いです。
特に座って作業を継続して行うなどの方に多く、原因は通気性によるものが多いと言います。
下着など通気性のいいものに変える、また座ってばかりいるという方は、定期的にお尻を動かして血流を促すなどすると効果的です。
いずれのニキビも、清潔にすること、でも洗いすぎたり刺激しすぎることのないようにすることが対策となります。


このページの先頭へ