肌荒れ

ニキビ跡のメカニズム

段階があります。
初期は白ニキビです。
白ニキビの状態は、毛穴に皮脂がたまっている状態で、その皮脂が白っぽく見えるため、白ニキビといわれます。
まだ穴が開いているという状態ではなく、薄い皮膜でおおわれている状態です。

白ニキビを放っておくと黒ニキビになります。
ニキビの部分の皮脂に穴が開き、皮脂が空気にさらされることで黒く酸化した状態です。
この状態から先に進めないこと、これが跡を作らないための境界線となります。
黒から赤に変わっていくと、炎症が始まります。

炎症が始まった場合を赤ニキビといいます。
毛穴の奥に炎症が起き、その周りまで赤くはれてきます。
ここまで来るとかゆみがあったり、痛みが出たりしますので、指でつぶしたくなる方も多いでしょうし、かなり目立つようになるので、ここで初めて治さなくちゃという気持ちになる方も多いのです。

これがさらに進むと炎症しているところに雑菌類が増殖し、膿を伴った黄ニキビになります。
毛穴の中の炎症が化膿して膿がたまっています。
その膿がたまった状態の部分が後にクレーター状の目立つニキビ跡に変化します。

つまり!初期段階がとても重要で、白、黒の段階でしっかりケアして感知させることが望ましいのです。
それ以上進むと、色素沈着やクレーター状の跡になるかもしれないのです。


このページの先頭へ