肌荒れ

ニキビの詳細

皮膚科などに行くとカルテには「尋常性ざ瘡」と書かれます。
毛穴に皮脂などが詰まった状態で、初期の段階では面皰ができ、その後膿疱を持ったり、炎症が起きる症状を言います。
面皰の段階は白ニキビ、黒ニキビです。
膿疱を持っている状態、また赤色丘疹となると赤ニキビや黄ニキビといわれ、治りにくく跡になりやすいとなってしまいます。

健康な肌は常に肌を守るための皮脂に覆われています。
皮脂は毛穴から分泌されますが、毛穴に過剰分泌された皮脂や角質などがたまると現れます。
このブドウ球菌やアクネ菌が増殖することで悪化し、白や黒の状態から、赤ニキビ、黄ニキビなどに移行していきます。

通常、アクネ菌は嫌気性の細菌類なので脂線の奥にいます。
皮脂が大好きなので毛穴に皮脂や汚れがたまると過剰増殖し、脂肪分配酵素リパーゼという物質を分泌します。
このリパーゼが皮脂を遊離脂肪酸という物質に変え、コメドを形成するのです。

紫外線に当れば酸化をおこし炎症がさらにひどくなっていきます。
これができ方、また炎症の流れです。
炎症が起きる前に、つまり黒ニキビ、白ニキビの段階できちんとケアし改善しておくことが、最も大切なことなのです。


このページの先頭へ