肌荒れ

ニキビを潰す事に関して

ニキビができるとその部分が小さく膨らみ、ギュッと指で押すと皮脂などが出てくるため、すっきりするため、ついつい潰してしまうという方も多いでしょう。
ニキビは気になってつい触ってしまい、無意識に潰してしまうという方も多いのですが、これは絶対にしてほしくない行為です。

ニキビをなぜ、潰してはいけないのか?というと、潰すことで皮膚内部を傷つけることにもなりますし、何より炎症を起こすきっかけとなってしまう可能性があるのです。
手のひら、指先というのはびっくりするくらい雑菌がついています。
爪にもかなり雑菌が多いのです。
ニキビを潰すときには指先、爪を利用する方が多いでしょう。
すると、潰した穴から指やつめの先についた雑菌が肌の中に入り、炎症を起こしたり、膿を持ったりすることもあるのです。

ニキビがある部分は、毛穴の中に汚れや角質が詰まってそこにアクネ菌などが増殖し赤ニキビなど炎症を起こしている場合も多いのですが、ニキビを潰してしまうと、その周りの皮膚まで細胞組織を傷つける恐れがあり、そうなると、クレーター上のニキビ跡などになってしまう可能性もあります。

ニキビを潰すのも、中身を絞り出すような行為もタブーです。
なるべく触らず清潔にしておくという事を心がけてください。

このページの先頭へ